設立趣旨書


街道には、歴史がある。道には、人と人をつなぐ心があった。

何故だろうか、それは旅人も、近所に魚を買いに行く主婦も、志を大きく都を目指す者にも、目的を行うための道があった。

しかし、現在は交通方法のスピード化によって、道は、通過するものだけになってしまった。自動車、新幹線、船、飛行機が交通手段として街を通り越して,バイパスやレール、雲上を飛び去ってしまう。

このように現在、街をつなぐ道が人々にとって出発点と到着点だけのただの点となってしまった。その結果が店頭販売がなくなり、人と人が会話をするチャンスがなくなり、交通手段と時間の短縮という目的のだけのために道の持つ本来的な意味を忘れてしまったことが、道、街道に面する街の形が壊れてしまっている。

今では歯の欠けた櫛のようにシャッターを閉ざした街並みが続き、合理的、現代的デザインという目的で小川はコンクリートの蓋で閉ざされ、川は洪水で起きる川岸のこわれることを防止するために厚いコンクリートでおおい、死の川と化して魚も昆虫も植物も生きていくことができなくなった。

街は、単独でそれぞれにイベントを考え、ホールを建て、設備を創り努力をしているが市町村独自で行うことはすべて点でしかあり得なく人心が伴なわなければ、いつかは荒れ果ててしまうのではないだろうか。

私達は、街道を昔に戻すべく、あらゆるジャンルを総合してコミュニケーションを図り点から面の街つくりを行うため立ち上がった。

とくに、あらゆる音楽の持つ人の心を和らげる面を創出するために日本の音楽をメインに据えて、世界の国々とも仲良くし、人、教育、街、自然の未来へ向かっての回復を願うために近代的なIT技術を使って、メカニズムと人との共生を確実にしながら、あらゆる街が生気をとりもどすために活躍をしたい。



戻る